お気楽パソコンライフ

ITライフ、シニア情報生活アドバイザー、シニア支援サイト「人生・活き生き塾」、Webアクセシビリティ支援サイトを主宰する臼倉登貴雄のホームページです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第3回NPOアクセシビリティ支援プログラム「成果発表会」開催

 このたび、障害者や高齢者が容易にアクセスできるホームページの「情報バリアフリー」普及・啓発を目的として、行政・企業・NPOの代表者による講演と、「第3回NPOアクセシビリティ支援プログラム」に受賞した14団体の中で、より高い成果を挙げた団体に対する表彰と受賞サイトの成果検証の実演を以下の要領で開催いたします。
企業の社会貢献活動、ITによる誰もが参加できる情報バリアフリー社会の実現に関心のあるみなさまのご参加をお待ち申し上げております。

関連サイト:http://web.access-sp.jp/contents/webaccsemi3_2.html
関連記事 :http://www.mainichi.co.jp/universalon/report/2007/1010.html

★開催概要
• 日 時: 2008年3月14日 (金曜日) 15時?17時30分 (第二部と情報交流会)
• 対象者: 企業のCSR担当者、NPO関係者、自治体ホームページ担当者など
• 定 員:  30名
• 参加費: 無料(定員になり次第締め切ります)
• 交 通: JR 山手線/総武線「代々木駅」西口より徒歩5分
 駅改札を出て左手の宝くじ売り場とそば屋(富士そば)の間の路地をお進み下さい。
 正面に見える大きなビル(グラクソ・スミスクライン社ビル)の方向にお進み下さい。
 山手線のガードをくぐり、踏切を通過して下さい。
 さらに進み、明治通りに突きあたります。左に見える茶色いビルがSYDビルです。

■問い合せ先: 電話  03?5728?3571 (NPO法人イー・エルダー事務局 )
         e-mail info@access-sp.jp
■参加申し込み: イー・エルダーの専用サイト(別ウィンドウで開きます)
            http://www.e-elder.jp/public1/prog/form3/moushikomi.html
■主催: NPO法人 イー・エルダー
支援: 株式会社 NTTPCコミュニケーションズ
協力: NPO法人札幌チャレンジド、同 シニアのための市民ネットワーク仙台、
きょうされん、NPO法人JCIテレワーワーク ネットワーカーズ
後援: 総務省

★プログラム(敬称略)
〔第一部〕
14:00 開会挨拶  鈴木政孝 イー・エルダー理事長
14:05  挨拶     石田守 NTTPCコミュニケーションズ社長
14:20  コンテストの発表と講評 飯塚 慎司 選考委員長
日本IBM株式会社 大和研究所 アドバイザリー技術部員
受賞団体謝辞 受賞団体代表
13:40  特別賞の発表と講評  加藤 均 インフォ・クリエイツ社長
?休 憩?
〔第二部〕
15:00 活動事例    高嶋NPOナレッジふくい理事長 「地域への普及活動」
15:10 基調講演    総務省 情報通信促進課課長補佐 横田一磨 (予定)  
「誰でも使えるホームページの実現に向けて」(仮題)
15:30 成果検証   長澤 麻実子 建築資料研究社 
16:00 特別講演   嶋田 実名子 花王 CSR推進部長 兼 社会貢献部長
                     (日本経団連 社会貢献担当者懇談会 座長)
             「企業のCSRへの取組みの現状と課題」(仮題)                   
?記念撮影、休憩?
16:40 情報交流会
17:30 中締め
注: 手話通訳、ならびに、パソコン要約筆記サービスの提供はございません
以上
スポンサーサイト

シニア情報生活アドバイザーマガジン  (第43号?2008年2月19日)

==========================================================================
   シニア情報生活アドバイザーマガジン  (第43号?2008年2月19日)

  □■□■□■□■□■
  ■        □                         
  □ MELLOW ■                         
  ■        □      発行:財団法人ニューメディア開発協会 
  □■□■□■□■□■         シニア情報生活アドバイザー事務局

==========================================================================
■<目次>■
==========================================================================
[トピックス]

 ●「シニア情報生活アドバイザー養成講座」の実施費を助成

 ●2008年度のアドバイザー登録更新について

[アドバイザーの活動紹介]

 ●パソコン水彩画教室で講師 ?大熊 勇雄さん?

[スキルアップ講座]

 ●パソコンのメンテナンスの勧め ?秋元 美千子さん?

[参考情報・資料]

 ●電子メールの文章にも作法がある

━━ PR ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     ? ジャストシステムが提案する大人のパソコン活用術 ?

        ■□「おとなのパソコンライフ」□■
       https://www.justmyshop.com/camp/elder/?m=sa1501

────────────────────────────────────
●【おとなの逸品セレクト】アーティストが認める品質!インクジェット和紙
────────────────────────────────────
 インクジェット印刷でも色がにじまないよう開発されたアーティスト仕様の
 和紙をご紹介します。その確かな品質は、写真家やアーティスト達からも高く
 支持され、新しいアート表現の媒体として広く利用されています。

 ▼インクジェット和紙はこちらから▼
 https://www.justmyshop.com/camp/elder/select/?m=sa1502

━━ PR ━━━━━━━━━━━━━━ オンラインショップ「Just MyShop」━━

==========================================================================
■トピックス■
==========================================================================

 ●「シニア情報生活アドバイザー養成講座」の実施費を助成

 ニューメディア開発協会では、現在、「平成19年度シニア情報生活アドバイザ
ー養成推進事業」を実施しております。
 シニア情報生活アドバイザー資格を取得し地域のために貢献したいとする多くの
シニアの意欲に応えるべく、養成講座実施団体には趣旨をご理解いただき、積極的
に本事業を活用され、養成講座を開催されるよう期待致しております。
 本事業への応募等については、当協会のシニア情報生活アドバイザー専用ホーム
ページをご覧ください。

 URLは次の通りです。
 http://www.nmda.or.jp/mellow/adviser/hojyo.html

 ●2008年度のアドバイザー登録更新について

 2008年の登録更新については、2008年3月から4月末にかけて行うこと
にいたします。
 現在、全国のシニア情報生活アドバイザー養成団体宛に順治、更新手続きに関す
る実施要綱や更新対象者リスト等関係資料一式をメールにてお送りいたしておりま
す。
 養成団体ごとに更新セミナーを実施していただくなど手続きを進めていただくこ
とになっておりますので、該当される方は、最寄りの養成団体にて更新されますよ
うお願い致します。

==========================================================================
■アドバイザーの活動紹介■
==========================================================================

 ●パソコン水彩画教室で講師 ?大熊 勇雄さん?

 シニア情報生活アドバイザーの資格を取って既に4年、もともと絵を描くことが
好きで、パソコンを使って絵を描くことには何の抵抗もなく入れました。
 普段は外に出かけて水彩スケッチを描く事が多いのですが、教室で利用するサン
プル作品の制作やパソコン水彩画作品の制作注文を受けているので、時々パソコン
でも描いています。

 パソコン水彩画教室を現在3箇所で行っており、一つは横浜市港北区にある綱島
地区センターで、ここでは1回が2時間15分、これを4回1講座として、年間3
講座開催しています。
 受講条件は多少パソコンの操作ができる人ということで毎回10名募集しますが、
横浜市の広報に募集記事が掲載されるので抽選になることが多いです。
 10名ですと、講師一人では対応しきれないのでアシスタント1名が必要になり
ます。アシスタントはパソコン操作や水彩画ソフトの操作さえ知っていれば誰でも
出来ますが、講師はやはりパソコンの知識だけでは務まりません。絵の基本的な知
識が必要であり、その知識をもとに受講者の作品に手を入れる事もあり、難しい部
分です。

 二つ目の教室は相鉄線天王町駅近くにある「スペースあとむ」というNPO法人
の場所を借りて開いている「天王町パソコン水彩画教室」です。こちらは全て自前
で受講者を募集しており会場費も払っているので、運営が結構厳しいです。
 受講者は6名を目標にいろいろな場所にチラシを置いたり、時には駅前でチラシ
を配布したりします。今回(平成20年1月)からの講座に参加したSさんは和田町
郵便局の局長さんに依頼して飾っている生徒さんの作品を見て受講する気持ちにな
ったそうです。Yさんは既に受講しているSさんから誘われたのがきっかけです。

 このように日頃、地道に継続してPRすることが大切だと感じています。

 新しく2名の方が参加した1月の最初の講座ではフリージアとスイートピー、
そして始めての方には鉛筆で下書きした風景画を何種類かこちらで用意し、各自選
んだ下書きに着色をしてペンタブレットの扱いや混色、着色、配色について学びま
した。この様な進め方だと初心者でも最初から綺麗(上手)な絵が描けるので、とて
も効果のある方法です。
 テキストも作成して用意していますが、困った時に見てもらう程度であり、講座
の中では使用しませんし、簡単に1、2分で説明する程度です。

 今回はここまで。次の投稿時には3箇所目の教室(中途障害者地域活動センター)
について紹介します。

         シニア情報生活アドバイザー 大熊 勇雄(神奈川県横浜市)
          
          e水彩画 http://e-arts.jp

==========================================================================
■スキルアップ講座■
==========================================================================

 ●パソコンのメンテナンスの勧め

 私が初めてパソコンと巡り合ってから7年近くの月日が経ちます。
 当時はWindows Meでしたが、パソコンを購入してから半年でトラブルが発生し、
再セットアップとなりました。それ以降、現在までに再セットアップを5回も実行
したので再セットアップは怖くなくなりました。
 再セットアップ作業は、とても大変でしたがそれがきっかけとなったのか、その
時からパソコンのメンテナンスに興味を持つようになりました。

 現在は、パソコントラブルが起きると“原因は何なの?”と原因を追求して行く
事が楽しくなってきました。
 でも、そのようなパソコントラブルが起きないように、日頃からパソコンのメン
テナンスを行うことは、とても大切なことと考えております。

 パソコンのハードディスクは、データの保管庫です。このハードディスクをお掃
除して整理整頓してあげることがメンテナンスの基本だと考えています。

☆メンテナンスの3点セット(Windows 2000/XP)

 ●ディスククリーンアップ
 ●ディスクのエラーチェック
 ●最適化(デフラグ)

1.ディスククリーンアップ
 ハードディスクに保存されている不要なファイルを安全に削除するプログラムで
す。ハードディスクの空き容量が減ってくると、Windowsの動作が不安定になりま
す。また、不要なファイルを残したままデフラグを実行すれば、不要なファイルま
でハードディスクに整理されてしまうので、デフラグを実行する前に行います。

 [ディスク クリーンアップ]ツールの起動は、[スタート]メニューの[プログ
ラム]?[アクセサリ]?[システム ツール]?[ディスク クリーンアップ]を
実行します。また、[マイ コンピュータ]を開き、対象となるドライブを右クリック
し、メニューから[プロパティ]を選択し、表示される[ローカル ディスクのプロパ
ティ]ダイアログの[ツール]タブにある[チェックする]ボタンをクリックして
行います。

2.ディスクのエラーチェック
 ハードディスクに保存されたファイルやフォルダの論理チェック、及びハードデ
ィスクそのもののハード・チェックを行うプログラムで障害を検索し、出来る限り
修復可能なものは修復します。
 Windowsが正常に終了しなかったとき、頻繁にフリーズしたときには再起動時に自
動的に実行されます。

 [ディスクのエラーチェック]ツールの起動は、[マイ コンピュータ]を開き、対
象となるドライブを右クリックし、メニューから[プロパティ]を選択し、表示され
る[ローカル ディスクのプロパティ]ダイアログの[ツール]タブにある[チェッ
クする]ボタンをクリックして行います。

3.最適化(デフラグ)
 ハードディスクには、様々なファイルが保存されています。ファイルは保存や削
除を繰り返しているうちに、ハードディスクの各所に散らばって保存されています。
それによって読み書きにかかる時間が長くなります。
 最適化は散らばって保存されているファイルを整理整頓して、読み書きをスムー
ズにしてくれます。

 [ディスク デフラグ]ツールの起動は、[スタート]メニューの[プログラム]
?[アクセサリ]?[システム ツール]?[ディスクデフラグ]を実行します。
また、[マイ コンピュータ]を開き、対象となるドライブを右クリックし、メニュー
から[プロパティ]を選択し、表示される[ローカル ディスクのプロパティ]ダイア
ログの[ツール]タブにある[最適化する]ボタンをクリックして行います。

 メンテナンス3点セットの実行だけでなく、データのバックアップをとる事も非
常に重要な事です。
 パソコン操作を誤ったり、ハードディスクが壊れたりして、大切なデータが消え
てしまっては大変です。自分が作ったデータは世界にひとつしかない大切なもので
す。もしもの時に備えて、定期的にバックアップをとるようにしましょう。

 バックアップさえ、きちんとやっておけば、トラブルに遭っても怖くありません。

☆ データのバックアップは何を?

 ●自分で作成したファイル
 ●デジカメなどから取り込んだ写真
 ●送受信したメールやアドレス及びアカウント
 ●IEのお気に入り
 ●IMEに登録したユーザー辞書 
 ●その他各種設定

また、パソコンのトラブルが発生したら以下の事が重要です。

 ●エラーメッセージが出たら画面を消さずにメモをとる
 ●とりあえず、パソコンと周辺機器を終了して再起動
 ●ケーブル接続を再確認
 ●トラブル発生の直前に何をしたかを思い出す
 ●マニュアルをジックリと読む
 ●システム復元をトライする
 ●情報を活用する(ヘルプ機能やメーカーのWeb情報を確認)
 ●メーカーのサポートへの電話は冷静に、症状を的確に伝える
  (今まで自分でやったことを正確に答えられるようにする)

 メンテナンスを行うことによって、大切なパソコンが元気で動いてくれるように、
そして、そのパソコンを使う私も、いつまでも元気で過ごしたいと思っています。

         提供者:シニア情報生活アドバイザー  秋元 美千子(東京都)

==========================================================================
■参考情報・資料■
==========================================================================

 ●電子メールの文章にも作法がある

 インターネットで一番使われているのが電子メールです。
 毎日、多くのメールが飛び交っていますが、この電子メールにも作法があります。

 電子メールの文章作法

 http://www.friendlylab.co.jp/ebiz/mail_saho/

 ※お勧めのサイトがありましたらご提案下さい。よろしくお願いします。

==========================================================================
■原稿募集■
==========================================================================
 ★アドバイザーやシニアネットワーカーの皆さんからの投稿をお待ちしています。
  日頃の活動を紹介して下さい。紹介文は1,000字以内でお願いします。

 ★シニアネットやアドバイザー養成団体の活動を紹介いたします。
  日頃取り組んでいる活動についてお知らせ下さい。シニアネット/養成講座実
  施団体訪問コーナーで紹介したいと思います。

 ★スキルアップについて掲載して欲しい内容などがありましたら遠慮なくご連絡
  下さい。またスキルアップについての投稿もお待ちしています。

                            (制作担当:臼倉)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■□■ 関連のサイト ■□■

 ●シニア情報生活アドバイザー制度の紹介
  http://www.nmda.or.jp/mellow/adviser/

 ●メロウ(円熟)世代のためのお役だち情報コーナー
  http://homepage2.nifty.com/senior-net/links.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■□■ シニア情報生活アドバイザーマガジンのバックナンバー ■□■

   http://homepage2.nifty.com/senior-net/mlma/

  ●RSSリーダーに登録
   http://homepage2.nifty.com/senior-net/mlma/index.rdf
   (rdfファイルですので、このままクリックしても表示はされません。
    RSSリーダーを使用してください。)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■このメールは、シニアの情報支援に携わっている方に配信しております。
 ■配信停止またはE-Mailアドレス変更の手続きは下記に連絡して下さい。
  E-mail:sa@nmda.or.jp
 ■発行元/発行責任者
  シニア情報生活アドバイザー事務局
  〒112-0014 東京都文京区関口一丁目43番5号 新目白ビル6階
        財団法人ニューメディア開発協会内
  TEL:03?5287?5034 FAX:03?5287?5029
  E-mail:sa@nmda.or.jp
 ■協力 (株)ジャストシステム
     http://www.justsystem.co.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

シニア情報生活アドバイザーマガジン (第42号?2008年1月18日)が発行

==========================================================================
   シニア情報生活アドバイザーマガジン  (第42号?2008年1月18日)

  □■□■□■□■□■
  ■        □                         
  □ MELLOW ■                         
  ■        □      発行:財団法人ニューメディア開発協会 
  □■□■□■□■□■         シニア情報生活アドバイザー事務局

==========================================================================
■<目次>■
==========================================================================
   ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

    新年明けましておめでとうございます。

   ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 皆様方のますますのご健勝とご多幸を祈念致しております。

 アドバイザー事務局は、今年も皆様のお役に立てますよう、更なる努力をして参
ります。

 本年も、どうぞよろしくお願い致します。

==========================================================================
[トピックス]

 ●外国の方のシニア情報生活アドバイザーが初めて誕生

 ●「シニア情報生活アドバイザー養成講座」の実施費を助成

 ●2007年度の登録更新について

[アドバイザーの活動紹介]

 ●パソコンを通じて人の輪づくり  ?佐枝 繁さん?

[スキルアップ講座]

 ●USB接続 外付けHDD使用のお勧め  ?坂田 隆男さん?

[参考情報・資料]

 ●セキュリティ対策のしおりがダウンロードできる

━━ PR ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

   ◎ジャストシステムがお届けする「おとなのパソコンライフ」◎
────────────────────────────────────
●【拝見!隣のパソコンライフ】「生涯現役」を実現するためにPCを大活用
────────────────────────────────────
 パソコンを利用して、より豊かな暮らしを楽しむ方々をご紹介する
「拝見! 隣のパソコンライフ」。
 今月は、パソコン講座、音楽イベントなど、さまざまな市民活動で活躍し、
 多忙な日々を送っている68歳の男性をご紹介しています。
「生涯現役」を実現するためにパソコンを強力なツールとして活用して
 いらっしゃいます。ご活躍ぶりを伺ってきました。

 ▼拝見!隣のパソコンライフはこちらから▼
 https://www.justmyshop.com/camp/elder/pclife/?m=sa1501

────────────────────────────────────
●【おとなの逸品セレクト】アーティストが認める品質!インクジェット和紙
────────────────────────────────────
 インクジェット印刷でも色がにじまないよう開発されたアーティスト仕様の
 和紙をご紹介します。その確かな品質は、写真家やアーティスト達からも高く
 支持され、新しいアート表現の媒体として広く利用されています。

 ▼インクジェット和紙はこちらから▼
 https://www.justmyshop.com/camp/elder/select/?m=sa1502

━━ PR ━━━━━━━━━━━━━━ オンラインショップ「Just MyShop」━━

==========================================================================
■トピックス■
==========================================================================

 ●外国の方のシニア情報生活アドバイザーが初めて誕生

 このほど、南米のペルー出身の山内アルフレッドさんが滋賀県湖南市を拠点に活
動されている「湖南ネットしが」(代表:斎藤氏)で養成講座を受講され、見事認
定試験に合格されました。
 アルフレッドさんは滋賀県にある企業に勤めておりますが、同じような方々にパ
ソコンを教えてあげられればと挑戦されたとのことです。
 今後のご活躍を大いに期待致しております。
 また、第二、第三の“アルフレッドさん”が誕生されることを願ってやみません。
 なお、アルフレッドさんには、折を見て、このメルマガで近況をご紹介して頂け
ればと思っております。

 ●「シニア情報生活アドバイザー養成講座」の実施費を助成

 ニューメディア開発協会では、現在、「平成19年度シニア情報生活アドバイザ
ー養成推進事業」を実施しております。
 シニア情報生活アドバイザー資格を取得し地域のために貢献したいとする多くの
シニアの意欲に応えるべく、養成講座実施団体には趣旨をご理解いただき、積極的
に本事業を活用され、養成講座を開催されるよう期待致しております。
 本事業への応募等については、当協会のシニア情報生活アドバイザー専用ホーム
ページをご覧ください。

 URLは次の通りです。
 http://www.nmda.or.jp/mellow/adviser/hojyo.html

 ●2007年度の登録更新について

 2007年度のアドバイザー登録更新については、原則、2008年2月下旬か
ら3月末にかけて、シニア情報生活アドバイザー更新手続きを実施致します。
 更新手続きに関する実施要綱等詳細は、2月上旬には当該の養成講座実施団体を
通じて、対象となる方々へご連絡させて頂きます。
 皆様の更新、どうぞよろしくお願い致します。

==========================================================================
■アドバイザーの活動紹介■
==========================================================================

 ●パソコンで楽器をたのしもう

 たまたま新聞でシニアアドバイサーの募集を知り、これなら元技術屋の土地勘も
使えるし、多少とも地域に恩返しができるかと早速応募しIDN(NPO法人 自立化
支援ネットワーク)で2007年2月に講習を受けました。
 この時の同期にはなかなかの腕達者が揃っており講習終了後も時々集まって楽し
くやっています。

 その後近くのNPOを2,3見学させてもらい、3月からNPO法人「ウィーキ
ャン世田谷」で世田谷区の身体障害者休養施設「ひまわり荘」のパソコン教室の講
師を週一日勤めています。
 重度障害の方は普通のキーボード、マウスでは不十分で特別な装置が必要となる
場合があります。今後はその方面で手助け出来ないかと考えています。

 さて個人的なパソコンの利用法としては文房具的な使い方の他に、還暦過ぎから
始めたクラリネットを楽しむために使っています。
 これについては11月末にIDNの「PCたのしみ隊」で話をさせて頂きました。

 以下に簡単にご紹介します。

 管楽器は呼吸をエネルギー源とするため全身運動になり、また指先の細かい動き
を要求されるために老化防止に非常に役立つと言われています。
 そのためか私の習っている教室でも結構年輩者が多く、下手の横好きながらなか
なか辞めないのが特徴です。
 さて、ハード的にはパソコンと音楽用の外付きスピーカー(例えばローランドな
ど)とICレコーダーが必要になります。これはUSB接続が出来て録音ファイル
形式がMP3のものが望まれます。
 音楽加工のために音楽編集ソフトが必要になりますが、最近は良くできたフリー
ソフトが入手可能です。
 私が使っているのはAudacityと言うもので削除、コピー、挿入などの編集、二つ
の音源の合成、エコー、フェイドアウトなどの効果などの処理をすることが出来ま
す。
 ソフト本体の他にMP3を扱うためにlame_enc.dllというプラグインをダウンロ
ードしてはめ込む必要があります。
 入手の詳細は省きますが、Googleで「音楽編集 MP3」と検索すると「音楽再
生・変換編集フリーソフト/FreeSoftNavi」というサイトが出てきますから、その
中の指示に従えばAudacity とlame_enc.dllを簡単にダウンロードできます。
 蛇足ですがファイル変換ソフトAudioEncoderを序でに入手しておくと便利です。

 以上の仕掛けで次のようなことが可能となります。

 1)演奏を録音して聞き、それを加工する。不要部分の削除、無音の挿入、演奏
   ミスの置き換え、エコー、フェイドアウトの付加など。
 2)デュエットの曲を別々に演奏して合成する。
 3)デュエットの曲のパートを録音、再生しながらデュエットし録音する。
   (マイナスワンのカラオケも同じ)
 4)発表会の演奏を連続録音しておき各演奏者別に切り分けWAVE形式(一般
   の音楽CDの形式)に録音する。これを配布すると結構喜ばれる。
 5)自分の演奏をメールに添付し先生に聞いて貰う。
   (3分で1.5Mぐらいの大きさ)

  楽器は何でも良いので皆様もトライされると楽しいと思います。

              シニア情報生活アドバイザー 佐枝 繁(東京都)

==========================================================================
■スキルアップ講座■
==========================================================================

 ●USB接続 外付けHDD使用のお勧め

 USB接続の外付けHDD

 最近のパソコンではノートパソコンで約80GB、デスクトップで200?30
0GB程度のHDDを内臓しています。
 一寸古い形のノートパソコンで約40?60GB、デスクトップで80?160
G程度のHDDを内臓しているようでます。
 ところがパソコンは使い込んで行くうちに、新しいソフトのインストールやら各
種データ類がどんどん蓄積されて使用領域が増え空き領域がどんどん減って来ます。
 あまり減りすぎるとパソコンの動きが非常に鈍くなります。
 特に写真・音楽・動画などを主に使っている場合には非常に使用容量が多いため
に空き領域が少なくなり勝ちです。

 このような場合USB接続の外付けHDDを利用することで有益な事が結構あり
ます。

1.資料・データ等は出来るだけ外付けHDDに保管しパソコン本体の負担を出来
  るだけ軽減する。必要があればパーティションの「C、D」などをバックアッ
  プして保管する。
2.本体が故障した場合外部に保管してあるので大事な資料・データ類は問題なく
  保存出来る。
  故障の具合にもよるが、外部に保管した「C、D」なども助けることが出来る
  場合もあります。
3.必要に応じて機械を増設すれば資料・データの保管は無限に出来ます。

 外付けHDDは大きく分けて2種類あります。

1.2.5インチタイプのHDDを使った小型で軽量な携帯に便利なタイプ。但し
  小型のため現在では容量は最高で160GB位で、また、価格も後述する
  3.5インチに比べて非常に高い。
  また、3.5インチタイプに比べスピードは一寸遅い。
2.3.5インチタイプのHDDを使ったもので容量の大きいものは1本で1TB
  と言うものがあります。価格も同じGB単位で比較すると小型のものに比べ
  約70%程度の価格です。
  但し、外に持ち出すことは出来ますが重くて結構厄介です。
3.2.5インチタイプ/3.5インチタイプ共ノートパソコン/デスクトップ双方に
  共通して使えます。

 従来は外付けHDDを付けて場合必ずドライバーを要求されましたが、最近では
ドライバー無しで認識されるものもあるようです。(これはマザーボードとの関係
のようです)

 価格については「BUFFALO」のURLを下記に記入して置きました。
 沢山の品種と価格が並んでます。ご参考にして下さい。

  http://buffalo.jp/products/catalog/storage/hd_ex.html

 なお、メーカーはこれ以外にも沢山あります。量販店をまめに探せばこれらの価
格より数割安く入手可能と思われます。

 外付けHDDにはフォマットユーティリティが付属している場合が多く、これを
使えば外付けHDDの内部に任意なパーティション(各パーティションの容量及び
パーティション数とも任意)を作ることが出来ます。
 更にこれにWINDOWS XP の機能を使ってこれらのパーティションに任意なドライブ
文字を割り当てる事が出来ます。

 最近HDDの容量不足でお悩みの方は一回ご検討されて見ては如何ですか。

          紹介者:シニア情報生活アドバイザー 坂田 隆男(東京都)

==========================================================================
■参考情報・資料■
==========================================================================

 ●セキュリティ対策のしおりがダウンロードできる

 ウイルス対策、スパイウェア対策、ボット対策、不正アクセス対策、情報漏えい
対策の分かり易い対策のしおりが下記からダウンロードできます。

 独立行政法人 情報処理推進機構セキュリティセンター

 http://www.ipa.go.jp/security/antivirus/shiori.html

 ※お勧めのサイトがありましたらご提案下さい。よろしくお願いします。

==========================================================================
■原稿募集■
==========================================================================
 ★アドバイザーやシニアネットワーカーの皆さんからの投稿をお待ちしています。
  日頃の活動を紹介して下さい。紹介文は1,000字以内でお願いします。

 ★シニアネットやアドバイザー養成団体の活動を紹介いたします。
  日頃取り組んでいる活動についてお知らせ下さい。シニアネット/養成講座実
  施団体訪問コーナーで紹介したいと思います。

 ★スキルアップについて掲載して欲しい内容などがありましたら遠慮なくご連絡
  下さい。またスキルアップについての投稿もお待ちしています。

                            (制作担当:臼倉)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■□■ 関連のサイト ■□■

 ●シニア情報生活アドバイザー制度の紹介
  http://www.nmda.or.jp/mellow/adviser/

 ●メロウ(円熟)世代のためのお役だち情報コーナー
  http://homepage2.nifty.com/senior-net/links.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■□■ シニア情報生活アドバイザーマガジンのバックナンバー ■□■

   http://homepage2.nifty.com/senior-net/mlma/

  ●RSSリーダーに登録
   http://homepage2.nifty.com/senior-net/mlma/index.rdf
   (rdfファイルですので、このままクリックしても表示はされません。
    RSSリーダーを使用してください。)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■このメールは、シニアの情報支援に携わっている方に配信しております。
 ■配信停止またはE-Mailアドレス変更の手続きは下記に連絡して下さい。
  E-mail:sa@nmda.or.jp
 ■発行元/発行責任者
  シニア情報生活アドバイザー事務局
  〒112-0014 東京都文京区関口一丁目43番5号 新目白ビル6階
        財団法人ニューメディア開発協会内
  TEL:03?5287?5034 FAX:03?5287?5029
  E-mail:sa@nmda.or.jp
 ■協力 (株)ジャストシステム
     http://www.justsystem.co.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。